残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません

インプラント埋入手術の直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

これは、人工物を埋め込んで周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどなので、気にしないでください。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合は放っておかずに歯科医にみせることで早めの対応をしていきましょう。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特性が異なります。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものの問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題が起きる可能性もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。

年々利用者が増えてきたインプラント。

その施術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの洗練されたセンスとスキルを置いて語れません。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。

ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。

周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

様々なインプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。

その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという問題はありませんでしたか。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、極力安静を保って過ごすのが無難です。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

運動を習慣にしている方の場合はいつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

実は、かかる費用は地域や、歯科医によって相当な開きがあります。
ブリアン

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

それでも、相場はあると言えます。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場です。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。

これは重要な事実です。

いくつか例を挙げると、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするかもしれません。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。

もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です