ハルヒコのラグドール

尾行について時間による代金設定がされている場合、探偵が尾行を行う時間が長いよりも短い方が、安い料金で行うことができます。

したがって、尾行依頼を探偵にするとすれば、相手の日々の行動を理解しようと観察することが大切です。

自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に尾行をしてもらうと、探偵にも余計な労力がかからず、お互いのメリットとなります。

浮気調査は第三者に任せるべき理由は頭に血がのぼってしまう場合があるのです。

貴方自身が大丈夫だと信じていても、いざ自身の目で浮気現場をみてしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合がこれまでに多くありました。

貴方自身のためにも、証拠を掴む可能性を高めるためにも、浮気調査は是非とも探偵にご依頼ください。

探偵に頼んで浮気の証拠を掴む事が可能です。

相手がおかしいと思った時、証拠を自ら集めようとするでしょう。

しかしながら浮気の証拠を自力で入手しようと思っても、自分の行動が相手に見つかってしまう事もなきにしもあらずです。

その原因はズバリ、あなたの顔が相手に知られているからです。

いくら成功報酬制を採用していると言っても、例えば、浮気調査を依頼したケースでは、調査期間が3日間あったとして3日間で浮気が発覚しなければその調査は成功として扱われてしまいます。

浮気しているのかは分からないまま、その3日間だけ浮気が見つからなければ、浮気かどうかの証拠をつかむことなく、調査期間を終えてしまい、成功報酬を請求されるのです。

浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが発覚したならば、離婚するか気づかないままにするのか迷って決められないですよね。

まずは落ち着いて、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。

夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、結婚生活を解消するのもいいでしょう。

食事をした際に店で発行する領収証には飲食時の同席者の人数が特定できるように記載されている事もあるので、浮気と特定する材料となります。

加えて、支払いをクレジットカードでした時はしっかり月ごとに見るようにします。

仕事でありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、浮気相手と過ごしていたと判断される事があります。

夫と浮気相手のいる場所に奥さんが乗り込み惨憺たる状態になるのは、ドラマでも描かれることが多い光景です。

夫人の浮気現場にご主人が乗り込むことになると、傷害・殺人まで起きるというサスペンスドラマも少なくありません。

浮気の現場を直接つかまえるのも選択肢の一つです。

離婚まで覚悟しているならば、やってみる手もあるでしょう。

携帯電話の通話履歴から浮気の証拠が掴めます。

なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に当たり前のように使われるからです。

最近はメール、LINEで連絡をことも多くなったとはいえ、好意を持つ相手の声を聞きたいと思うことは安易に予想できます。

ふとした時に電話している可能性は十分考えられます。

離婚ということになってもかまわない、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。

しかし1人で踏み込むという方法を取ると、揉める元なので、止めておきましょう。

信頼する人に付いて行ってもらえば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。

信頼できる人が見つからない場合は、探偵に依頼するという方法があります。

浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、平均で3~4日かかるといわれています。

覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも平均の期間です。

パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあると思っていてください。

一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日が調査員に伝えられていた場合は、1日で十分な証拠が集まることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です