戸田だけど湯田

だいたい浮気調査の調査期間は何日ぐらいなのかというと、普通は3~4日が目安です。

確認しておきますが、これはあくまでも平均的な日数です。

浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあります。

一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日が調査の前に分かっていれば、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。

格好をチェックすることで浮気の証拠を見つけられます。

浮気をすると、明確に分かるのは今までとは変わった服装です。

お洒落には今まで関心がなかったにもかかわらず、突然、服装にこだわりができたら慎重に見ておく必要があるでしょう。

いつか浮気しそうな人や、前から浮気の相手が存在するかもしれません。

着る服の趣味が今までとは異なりだしたら、危ない予兆です。

浮気相手に好かれるための服装にしようとしていたり、ちょっとだとしてもセンスの良いところを見せようとしたりしている可能性も高いです。

いきなり、年にそぐわないデザインや色の洋服をセレクトし出したら、かなり浮気の恐れがあります。

その中でもお洒落なインナーを着用しだしたら、浮気をしていることがありえます。

浮気の裏付けがSNSで発覚することもあります。

SNSは実名を公表しないのでパートナーも注意が足りずに、私生活についてさらけ出しすぎてしまう事が珍しい事ではありません。

時には、浮気を証明してしまうような内容をネットにアップしてしまう事もあるのです。

相手のアカウントを知ることができるなら読んでみて下さい。

探偵には悪いところがなくても、依頼者のちょっとした言動で、パートナーが警戒心を抱くことになって証拠集めがやりにくくなり、失敗に終わる場合もあります。

探偵が浮気調査をする場合、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。

充分な調査が出来なかったときの費用についても、調査する前にちゃんと確認しておきましょう。

不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士に相談するようにしましょう。

離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかを考えてから相談するようにしましょう。

不貞の証拠を掴みたい場合には、探偵や興信所に相談するようにしてください。

相談者が女性の場合、近所の奥さんや知人などに相談してしまう方もいますが、噂されたくない場合には、絶対にいけません。

興信所と探偵事務所の違いとしては、あまり無いのではないかと言っても言い過ぎではありません。

興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような同じような仕事内容です。

しかし、どちらかを選ぶとしたら依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。

GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに忍ばせ、行動の様子をリアルタイムで監視し、現在地を把握したり、記録したデータを後から取り出して行動を確認することができます。

車より、公共交通機関などを利用する人には、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。

これで相手がどこをどう移動して、何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。

不倫した二人に慰謝料を望むのであれば、敵の情報は必要ですし、ムカつくでしょうが、不倫が継続した証明を確保しなくてはなりません。

それには探偵の浮気調査が有用で、浮気の証拠をキッチリとした形で撮影してくれますし、裁判で闘う上での武器には困らないように、準備して貰えるのです。

たとえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠がつかむことが可能です。

携帯電話は浮気相手との連絡手段として当たり前のように使われるからです。

最近ではメールや、LINEなどのアプリを通じて連絡を取ることが多くなりましたが、浮気相手の「声」を聞きたいと思うことは安易に予想できます。

何気なく電話していることも否定できないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です