堤だけど野々村

浮気の裏付けをつかみ取るには、浮気調査を探偵に依頼することが最も確実な方法です。

しかし、探偵に依頼するのは費用がかさむので、誰もが容易に依頼することのできるものではないでしょう。

探偵さんへの浮気調査の依頼には、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所ごとにも調査料は変わってきますから、依頼前に一度見積もりをしてもらうとよいでしょう。

レシートやクレジットカードを確認すると浮気の証拠を把握することもできるでしょう。

最初に、普段立ち寄らないようなコンビニのレシートをしばしば視界に入ることが多くなったら、普段からその近くに向かっていることになるでしょう。

そこで逃さず見ていると、浮気の瞬間を目にすることが出来るかもしれません。

浮気調査の依頼をするときには、多くの場合、2人程度で調査しています。

ただ、まだ浮気の疑いがあるというレベルの場合には、浮気が現実であると判明したら、もう一度計画を練り直して浮気の証拠を掴むための調査を行う人数などの調査方針を決めることになります。

探偵事務所の探し方として、口コミを確認する方法があります。

そのようなときには、その探偵事務所が管理しているウェブサイトにアップされている口コミではなく、全然関係のない掲示板や相談サイトにある口コミを調べる方が信頼できます。

その探偵事務所の純粋な利用者による口コミは、ずっと信頼性が高いと言えるでしょう。

地図上の場所がわかる機械を用いて、良く行く場所を調べて、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、必ず相手はやってくるはずなので、その実態を把握することは可能です。

依頼するお金が無い場合には、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのも、ひとつの方法ではあります。

GPS装置がつけられていることがバレてしまい、追及される種になることもあります。

興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、変わりはほとんど無いと言ってもよろしいでしょう。

双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような同じような仕事内容です。

でも、どちらかを選ぶとしたら企業や団体からの依頼の多くは興信所に、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。

探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が発見された時、結婚生活を続けていいのかどうか決めかねますよね。

そうならないように、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、あれこれ考えを巡らせておくべきです。

夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、自分の配偶者とその不倫相手に対して慰謝料を請求し、結婚生活を解消するのもいいでしょう。

探偵事務所の役割は依頼の調査のみすればいいということではありません。

浮気の実態を調査し始めると、想定の範囲外のトラブルが起きてしまうこともあります。

そういう時には、依頼した人のことを優先的に思ってくれるような探偵が信じられる探偵と言えるでしょう。

信頼できる探偵かを確認するのには、相談した時の対応などで落ち着いて決めてください。

プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで離婚をしないという選択肢もあります。

子供がいるご夫婦の場合は特に旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚などそう簡単にすることなどできません。

養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。

同様に、父親が一人で育てる場合も仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。

浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、平均で3~4日かかるといわれています。

とはいっても、これはあくまで平均的な日数です。

普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあることも覚悟してください。

逆に、浮気する可能性の高い日が調査員に伝えられていた場合は、1日で十分な証拠が集まることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です