ギラファホソアカクワガタの山木

浮気調査の依頼をするときには、何人の調査員が必要なのかというと、ただ、まだ浮気がシロかクロか不明な場合では、浮気をしているかの確認を調査員1人で調査をすることがよくあります。

浮気をしていることがはっきりとしたら、再度、自ら動くより、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。

探偵に依頼すると、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。

素人が調査をしてみても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。

しかし、相手を責めたてても頑として浮気してない、と言い張ったら、離婚するに際して有利な条件を引き出せません。

そのためには、絶対確実な証拠が必要です。

どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、普通は3~4日が目安です。

最初に断わっておきますが、これはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。

パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、3~4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあり得ます。

それとは逆に、この日は浮気しそうだという日が調査の前に分かっていれば、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。

不倫をされてしまったら、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。

しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、夫婦の関係が冷め切っていたときは、慰謝料を請求することができません。

慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなど総合的に判断して裁判所が決定します。

探偵が尾行する際の料金はと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。

もちろん、調査員の数が少なければ安く、多くなるほど高くなります。

また、尾行する際に車やバイクで移動すると、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認するべきでしょう。

依頼された調査だけをきちんとやる探偵ならば終わりというものではありません。

浮気しているかどうかを調査すると、想定の範囲外のトラブルが起きてしまうこともあります。

そんな場合には、まず依頼者の立場を一番最初に考えてくれる探偵が信じられる探偵と言えるでしょう。

探偵を信頼してもいいか判断するには、相談中の相手の印象を見るようにしてよく考えて判断するようにしてください。

探偵の一部はアルバイトのようなことがありえます。

探偵のアルバイトを探してみると、なんと求人の情報があるのです。

ということは、バイトを使っている探偵事務所もいっぱいあるということです。

浮気をしているのか調べてもらうのならば、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。

アルバイトだと不意に放り投げることもあるかもしれないですし、知った情報を部外者に伝えることも可能でしょう。

どのような行為をしているか記すことで浮気を実証できる場合もあるのです。

毎日の行動の仕方には、ほとんどの場合決まりができるものです。

けれども、浮気をすると、決まったパターンが崩れます。

変わった曜日や時間帯を特定することができたら、行動を注意深く見ることで、浮気の決定的な証拠をつかむ見込みが増えます。

探偵には悪いところがなくても、依頼者側に落ち度があって、パートナーが警戒心を抱くことになって証拠集めがやりにくくなり、失敗してしまう場合もあるでしょう。

探偵に依頼したからといって、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。

充分な調査が出来なかったときの費用についても、調査を始める前にちゃんと確認しておきましょう。

浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。

それは、浮気が実際に行われているか否かを明確にする事です。

不倫行為が確実ではない場合は次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。

不倫相手の存在が確かになれば次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。

仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、あるいは張り込んだり等、不倫相手の正体を確定させるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です