エノカナで山岸

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、その分、インプラントの人工歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでにおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるのが普通です。

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうなどの事例もあります。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことの影響が多分にあります。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。

一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないので義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。

自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースが歯科医院ではよくきかれます。

そうなる理由として、歯茎の合間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。

自分もそうかも、と思った方は、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこで終わりではありません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、必ず守るようにしてください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。
モテフィットの口コミや効果が凄い!本当?徹底検証!

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

インプラント治療の大きな問題は、何といっても費用の問題でしょう。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差が出てきます。

また、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることはもちろんです。

そして、定期検診にも費用がかかってくるといったことも他の歯科治療と異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です