クボタンで上西

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこで終わりではありません。

インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、必ず守るようにしてください。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。

新たな歯科治療の形として注目を集めているのがインプラントです。

しかし、難点もあるということに気を付けてください。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。

これは重要な事実です。

いくつか例を挙げると、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラントの利用が不可能と診断される場合があることに留意してください。

インプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。

その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという説があったのではないでしょうか。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。

虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて治療を受ける決心がつきました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでこれで良かったと実感しています。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのがベストだと思います。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウン治療が可能になります。

抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
ふんわりルームブラの口コミや効果が凄い!でも本当?徹底検証!

つまり、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、利用することは不可能です。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です