カブトムシとあずき

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。

自然な見た目を重視している場合、この治療方法を選ぶべきでしょう。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3ステップあると考えてください。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
エクスグラマー|話題ですね!口コミや評判を調べてみました。

第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

人工歯としてのインプラントはしっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはこの治療の良さでもあります。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強いものでもあります。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用にはかなりの開きが出ますし、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。

治療が終わっても、ずっと定期検診があるということも覚えておきましょう。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。

数々のインプラント治療の問題点について、広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった話を聞いた方もいるでしょう。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、MRI検査への影響はありません。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

さて、そこでインプラントですが、これはインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です