櫛田がユウナ

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、それらのパーツの構成により、以下に示す何通りかに分かれています。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。
マカDXって人気みたいだけど効果どうなの?色んな評判を調べてみました。

インプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングが必ず求められます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必須になってきます。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、技術的なコストもかかり、従来の金歯よりも高額になるのです。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題が起きる可能性もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の極めて高い医療スキルを欠かすことは出来ません。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と、歯科医院の決め方です。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためたくさんの症例を治療してきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

それだけでなく、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。

インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりを指します。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

典型的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

ですから、インプラント治療全体では短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です