巴とさっちゅん

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

全てのインプラント患者にとって、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれでずいぶん違っています。

なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に決められるのが建前です。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどがおおよその相場と考えてください。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛い面があります。

例外はありますが、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。
メンズアイキララの口コミがいいと評判徹底調査!

確定申告を行うときには、医療機関で必ず発行している領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

虫歯がかなり悪化して、とうとう抜歯を迫られました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。

自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の一大関門となります。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が例外なく阻害する働きをします。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではがんばって禁煙に励みましょう。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つとされています。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによってかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうということを肝に銘じておくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です