マーサで桃華

インプラント治療による危険性を皆さん、入念に調べたと思います。

その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった話を聞いた方もいるでしょう。

でも、気にしなくて良いです。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属があれば、そこは乱れて映ります。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属ですが、磁気には反応しません。

MRI検査への影響はありません。

全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれでずいぶん違っています。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、それらのパーツの構成により、以下に示す何通りかに分かれています。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。

おおむね保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差が出てきます。

また、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることも事実です。

また、定期的なメンテナンスも必要ということも覚えておきましょう。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるなどといったトラブルの事例もあるようです。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に原因があると言ってよいでしょう。

インプラント手術の経験と実績のある歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方にすすめられる治療なのです。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに費用の差になってきますので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療に取りかかることをすすめます。

チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療を受けた方からの評価です。

天使のララがネット上でも大人気!
費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合はそもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です