アバットメントが一体であるのを1ピースタイプといいます

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。

ですが、気に留めておくべきポイントがあります。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。

いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうかもしれません。

全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

また、それに加えて、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものの問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題が起きる可能性もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということです。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

インプラントならば、他の人工歯と比べても自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。
善玉元気の口コミ

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど丈夫に作られていることはいうまでもありません。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはめったにありません。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないので義歯を入れたと気づかれることはまずないと思って良いでしょう。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。

ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことがキーポイントの一つです。

感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ現状では確実な説はありません。

きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です